苔綴り

とある学生のブログ

イギリス国歌と同じメロディーの曲まとめ

あけましておめでとうございます!!

2016年になりましたね。毎年新年は親戚で集まるんですが、昔は親戚に会うと「大きくなったねぇ!」とか「もう○年生かあ。早いねえ。」とかいわれてたのに、最近は自分より年下のいとこを見て「もう小学6年生か、早いな...」とか思うようなっていまいました。

 

今回のタイトルに「イギリス国歌と同じメロディーの曲」とありますが、その通り、イギリス国歌のメロディーは他の国でも国歌やほかの形でつかわれたりしてきました。

 

イギリス国歌は"God save the Queen"です。


British National Anthem - "God Save The Queen" (EN)

今イギリスにはエリザベス二世が女王としているので、タイトルにQueenとついていますが、男性の王のときはQueenがKingになります。歌詞のherの部分も変わります。

 

そしてこの国歌のこのメロディーが他の曲でもつかわれているので、それを簡単にまとめてみました。

f:id:mosise:20160103000647j:plain

画像にしてみたんですけど、どうですかね?普段こういう画像つくらないので、すこし時間かかりました。

それじゃあ一個づつ見ていきましょう。

 

リヒテンシュタイン公国国歌"Oben am jungen Rhein"

 

 


National Anthem of Liechtenstein - "Oben am jungen Rhein"

現在のリヒテンシュタイン公国の国歌です。

歌詞はドイツ語です。歌詞、英訳などの詳しい情報はこちら。このサイトは本当に素晴らしい。

 

ドイツ帝国国歌"Heil dir im Siegerkranz"

 


National Anthem of the German Empire - "Heil dir im Siegerkranz"

ドイツ帝国で使われていた国歌です。

歌詞、英訳等はこちら

 

ロシア帝国初代国歌 "Молитва русских"

 


National Anthem of the Russian Empire (1816-1833) - "Молитва русских"

ロシア語のタイトルをローマ字表記すると、"Molitva russkikh"です。ロシア帝国で1816年から1833年までの間だけ国歌だった曲です。

その後は1917年まで“Боже, Царя храни!”(神よツァーリを守りたまえ)が国歌としてうたわれます。こっちのほうが有名なイメージがあります。(根拠はないけど)

詳しい情報

 

スイス連邦初代国歌"Rufst du, mein Vaterland!"

 


National Anthem of Switzerland - "Schweizerpsalm"

スイスの初代国歌です。今の国歌は二代目の国歌なので、前の国歌ということになりますね。1961年まで歌われていました。

ちなみに、"Schweizerpsalm"はドイツ語のタイトルで、動画の歌詞もドイツ語ですが、タイトルと歌詞はドイツ語以外にも、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語のものがあります。

詳しい情報ロマンシュ語の英訳がなくてかわいそう。

 

ノルウェー皇室歌"Kongesangen"

 

 


Royal Anthem of Norway (Kongeriket Norge) - "Kongesangen"

ノルウェーみたいに王室がある国は、国歌(national anthem)とは別に皇室歌(royal anthem)がある場合があります。その皇室歌にこのメロディーが使われています。

詳しい情報

 

アメリカ合衆国愛国歌“My Country, ‘Tis of Thee”

 


America (My Country 'Tis Of Thee)

アメリカの愛国歌です。ツイッターで現在のアメリカの国歌が制定される前は事実上の国歌であったというツイートをみたことがありますが、それくらい広く知られてた歌だったようですね。

 

 

とりあえず全部挙げてみましたが、他にもあるよっていうのを知ってる方がいたら教えてくれるとありがたいです。

この記事をまじめに読んだ人がもしいたら、なんとなくわかったかも知れませんが、国歌について調べたいときはnationalanthem.infoというサイトが優秀です。

www.nationalanthems.info

今回挙げた曲も、全部このサイトに書いてあったやつです。

まあこの記事は自分の勉強も兼ねてやってるのでこういうのが多くなっちゃうかもしれませんが、許してください。

 

今回はここで終わりです。

そして今年もよろしくおねがいします。